上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
01
02

A HAPPY HAPPY 2012

新年あけましておめでとうございます。

melon_logo.jpg 

元旦の朝起きていちばんに氏神様の森戸神社へ初詣にいってきました。
おみくじは「大吉」!が降りてきました。
2012年は「勝ちにいく年」と決めていたので、
元旦のこの神さまからのお達しは、大変嬉しいものです。
さぁ、自分を取り巻く「機運」の良さはよくわかりました。
あとは、その運をぐぐっとこちらへ引き寄せるように、
いろいろな方向へアンテナを向けて、しなやかに前へ、前へ
進んでいきたいと思います。

2011年を少しだけ振り返ると、
3.11以降、直後の香港映画祭で『時をかける少女』の
チャリティ上映会をきっかけにシアトル、トロント、
モントリオール、フランクフルト、ウディネ(イタリア)、
フィラデルフィアで『時をかける少女』『転々』『全然大丈夫』の
チャリティ上映会を行い、国内・海外から多くの応援と
支援金をいただきました。その総額は、なんと100万円を超えました。
ご協力となにより世界中から寄せていただいたそのココロに
感謝しきれない2011年でした。
ご協力くださった方々、ほんとうにありがとうございます。

そんな年の瀬も迫る12月3日土曜日。
鎌倉の光明寺の本堂でプロフリーダイバー篠宮龍三さんと
登山家の栗城史多さんのトークライブを行いました。

最初は、1年間行ってきたチャリティの一環としてやろうかと思って
企画したことでしたが、篠宮さん、栗城さんと企画を進めているうちに、
「ああこの人たちは、本当の意味で「前」しか向いてないんだな」
ということを学び、それならば、2012年に向かって思いっきり
「前を向く」ための話を、この特別な2011年の締めくくりのタイミングで
みんなにシェアしてもらおう、と考え年末開催にし、
そしてチャリティではなくて、おふたりの活動サポートイベントにしたのでした。
先頭に立って日本を引っ張っていく人をサポートすることも、
日本を元気にするひとつのアプローチなのかな、と考えたからです。

秋にそれぞれ世界大会、そして3度目のエベレストチャレンジを
控えていらしたので、多忙を極めるおふたりのスケジュールが合うのが
年末になってしまった、という事実もあるのですが、
最初の予定だった8月開催よりも、やはり一年の総括として聞くほうが、
ずっと濃密な時間になったのではないかと思います。

挑戦の舞台は、世界一深い海と世界一高い山。
住んでいるところは、沖縄と北海道。
なんでも一番だった少年時代と、
コンプレックスの塊だった少年時代。

すべてが真逆に思える
このふたりの共通点は、
「無酸素」と「極限を見てきた瞳」です。

なぜ、そんな苦しい思いをしてまで
無酸素で、秋の山という死と向かい合わせの壁に挑むのか?

なぜ、そんな苦しい思いをしてまで、
死の境界線まで潜るのか?

かねてからおふたりの活躍を見ながら私が抱いていた
極めて素朴な疑問に、十二分に答えていただいた
トークライブになりました。
(1.14(土)18時から、
ベイFM「フリントストーン」でその答えが
ダイジェスト版で放送されますので、ぜひ聞いてくださいね)

さて、今回のイベントで私がおふたりから学んだことがあります。
それは人間はイザというときには「直感力を使う」ということです。
そして直感をフル活用するための技術的な話。

酸素がない、という状況の中で、
ふたりがフルに使っているのは、脳幹です。

人間脳の奥にある動物脳、そのさらに奥にある爬虫類脳と
呼ばれる領域。「生きること」しか考えていない脳の部分。
極限の中で人間を生かしてくれるものは、直感力のみ。

人間脳のスイッチをオフするには、怒りや心配は邪魔になる。
爬虫類脳のスイッチをオンするには、頭もココロも
全身をリラックスさせるしかない。

おふたりが言うには、恐怖や怒りを感じている時って、
脳は酸素をたくさん使うそうなんです。身体の中に取り込んだ残り少ない酸素を、
どう効率よく使って、人間脳を眠らせ、爬虫類脳を目覚めさせるか?

こんな自分の脳のコントロールがもし可能になったら、
日々、都会で繰り広げられるストレスたっぷりの世界は
違う色になってくるのかもしれないですね。

人間には、
ココロもカラダもほどける時間が必要
これは誰でも知っています。

だけど、どうしてそれが必要なのか?という科学的な話は
意外に知られていなかったのかな、と思いました。

カラダの中で余計な酸素を消費しない、
効率的に、必要なところに、質のいい酸素を届けることで、
自ずと直感力が冴えてくるということなんですね。

水や酸素、塩分といったカラダの成分に近いものを
効率よくカラダに取り入れ、効率よく体内で使う方法を
ちょっと意識することは、大事なことなんだな、と、
おふたりの体験を通して学びました。

このカラダに必要なものを届けるという感覚について、
篠宮さんのふだんの生活態度から、もう一つ学んだことがあります。

少し余談なのですが、篠宮龍三さんは、
呼吸ひとつで100メートル以上も潜るという
ひたすらシンプルなことを実践している人ですから、
それはもう、見事なまでにムダの一切ない体つきです。
ただスリムということではなくて、
とても「しなやか」なのです。

まるで、イルカみたいです。

そのしなやかさの原点を、
篠宮さんと一緒にお食事をしているときに
ふと発見してしまいました。

篠宮さん、とにかく、食べる作法が美しいのです。

カラダの隅々にまで、食べたものの必要な部分を
きっちり届けようとしているような、そんな食べ方。

アスリートの男性は食事量も多くてガッツリ喰い、
というイメージが完全に覆されてしまい、
ひとつひとつを愛でて食べているような姿に感動すら覚え、
食べるということは、エネルギーを作ることでもあるけれど、
カラダと会話することでもあるんだな、
なにより食べてもらってるお魚さんが、嬉しそうにすら見えるのですから、
スゴいことです。
こっそり横目でその姿を見ながら
「コレ、絶対マネしよっ」と密かに誓ったのでした。

さて、日々の生活の中で、
大自然との調和を「実践」している篠宮さんと栗城さん。
私が当日、おふたりの言葉でいちばん直感的にピピっときた
言葉をご紹介したいと思います。

苦しみは必ず喜びに変わるんです(栗城さん)

海は人を殺そうとなんかしてない、
人を生かそうとしている(篠宮さん)

地球の核に一番近い場所、宇宙に一番近い場所
カラダひとつで極限を見てきたその「瞳」は力強いです。

当日はJALの機内誌SKYWARDの取材があったのですが、
最初は光明寺の枯山水の庭をバックに、そして五重塔をバックに
撮影する予定だったのです。
ところが本人がカメラの前に立った時、
カメラマンさんのココロを捉えたのは、
ふたりに共通する「極限を見てきた瞳」でした。

お寺での撮影などまったく意味がなくなるほどの、
「超ドアップ」写真になりました。背景不要。
その【深い瞳】は、小松成美さんの特別インタビューとともに
JAL SKYAWARD2月号に掲載されますので、
こちらもどうぞ楽しみにしていてくださいね。

さて、こんなふうに毎日を楽しく前向きに過ごすために
たくさんの、たくさんの、ヒントが詰まった一日を作ってくれた
篠宮さん、栗城さん、ありがとうございました。


このブログを書いているいま、お正月恒例の箱根駅伝の5区、
心臓破りの坂と呼ばれる前半戦佳境のレースが展開されています。
新・山の神と呼ばれる東洋大の柏原選手。
今年で4回目の5区山登りですが、
とにかくやすやすと上り坂で何人をも
ごぼう抜きしていく強い、とにかく強い選手です。

ところが、今年は、たすきを1位で受け取ってしまいました。
去年までのように、前に抜くべきライバルはいません。
まさに、「自分と山の戦い」です。

それでも、柏原竜二選手、
毎年自分が更新してきた、区間新記録を
またしても塗り替えてしまいました。

「極限の中、戦う相手は自分だけ」

柏原選手の走りをみながら、
篠宮さんと栗城さんのスゴさを
改めて感じている年明けです。

篠宮さんは120メートルを超えて
世界記録を作ると宣言しています。

栗城さんはもちろん、
エベレスト単独無酸素登頂の成功を宣言しています。

この大切なターニングポイントとなる2011年の最後に
鎌倉でご縁が繋がったチャレンジャーおふたりですから、
引き続きおふたりの世界進出にみなさんで大注目していきましょう!
どうやら応援のエネルギーは、意外にも本人にちゃんと届くらしいですから。

去年起こったいろいろなこと。
去年出会ったたくさんの人。
しっかりと噛み締めながら始まった2012年。
いろんな変化に対応しなければならない年になりそうです。

私はそれを「映画」で「しなやかに」実現したいと思います。

どうぞみなさんの周りがたくさんの輝く笑顔で埋まる一年になりますように。

2012年1月2日

篠宮龍三さん公式FACEBOOK
栗城史多さん公式ページ


スポンサーサイト
2011
12
12

龍眼のはちみつ

龍眼のはちみつ

ryugan.jpg ryugan2.jpg ryugan3.jpg


私の1年の海外出張サイクルは、大体1月のサンダンス映画祭に始まり、
上半期はベルリン映画祭、香港映画祭、カンヌ映画祭などで
ヨーロッパ、アジアを回り、夏は7月後半から8月いっぱいは
外国の人たちはたいていロングバケーションなのでこちらも少しヒマになり、
そして9月のトロント映画祭を皮切りに今度は北米+アジアの釜山映画祭などを下半期で周り、11月中旬のロサンゼルスの映画見本市で終わる、という、毎年毎年同じサイクルです。
その後は、また海外の人たちはサンクスギビング、クリスマスと休暇イベントが続くので
12月は割とのんびりできる月なのです。
そんなスキを狙って、日本でのいろいろが処理してしまえるように
わが社の期末決算は12月にしています。 というわけで、わぁ!期末だ!

この海外出張サイクルでもう十数年来ていますので、
もうあまり時差ぼけもしなくなりましたが、
年の始めからががーっと勢いで世界中を飛び回っているせいか、
11月のロサンゼルス出張が終わると、必ずといっていいほど体調を崩してしまいます。
「病は気から」はホントウにホントだな、と毎年実感する次第。

「はぁ~、今年の主要マーケットもようやく終わった」と、ほっとすると
みるみるうちに風邪をひいて、2日くらいは寝込んでしまうのです。
年間を通してこの時期以外に体調を崩すことはほぼありませんから
すっかり気が抜けている証拠ですね。

でも、今年はちょっと例外で、11月の出張が終わっても、12月3日に
プロフリーダイバーの篠宮龍三さんと、イマをトキメク登山家の栗城史多さんとの
トークライブを仕込んでいたので、気が抜けません。
でも風邪はひいちゃった。

そして今年はどういうわけか、気管支がとにかく弱ってしまう風邪が長引いてしまいました。
そういう流行りのウィルスなんでしょうか?
くしゃみ→はなみず→のど、のど、のど、のど、のど→はなみず といった症状で、
朝方にせき込むので、寝不足の日々が続いていました。ツライったらありゃしない。

絶不調の体調を抱えたまま、しかも司会だぜ、ワオ!、だった12.3のビッグイベントを終えて
翌日から年に一度のホリデーを満喫するために沖縄へ行ってきたのですが、
毎年、沖縄に行くと会う知人から
「ノドにいいんですよね」と、「龍眼のはちみつ」なるものを頂きました。

濃厚な味と独特な強い香を放つ「龍眼はちみつ」。

紅茶のアールグレイの素にもなっているとかで、
私はとても好きなタイプのはちみつでした。

そして確かにとろ~り一発で、ほぼ1カ月調子が悪かったシツコイ咳が
一気に治まってきました。

おいおい、こりゃスゴイぞ、リュウガンってなんだべさ?

調べてみると、龍眼というのは中国の南部など生息している
ライチの仲間の果実なんだそうで、中国では漢方として使用されているとか。

とにかく小さい頃から虚弱体質でよく風邪をひく私ですが、
特に30歳を過ぎてからは、体のコントロールがなんとなくわかるようになり
年間を通していろいろ先手を打って体調管理をしているので
寝込むことはほとんどありません。

それでも季節の変わり目などに、うっかり風邪をひいてしまったときには、
優月美人の「芯からゆたんぽサプリ」にはちみつを入れて飲んで
ががーーーっと寝だめをしてしまえば、体が芯からぽかぽかして すぐに復活します。
これからは、さらにこの【龍眼はちみつ】を入れることにします。

風邪はのどからきてしまう、仮面ライダー響鬼のようなタイプの方は、
綾瀬はるかオススメの銀のベンザブロックもいいですが、
ゆたんぽサプリ+龍眼はちみつ、もオーガニックな効き目あり!なので
しおまきゆうこが自信をもってオススメします。(とかいって張り合われてもなー)

薬蜜本舗 
www.yakumitsu.jp/
龍眼はちみつ
www.yakumitsu.jp/pdt/ryuugan/
優月美人 
www.graphico.jp/category/item_detail/6070
2011
09
11

9.11 あれから6ヶ月

2011.9.11


今日で震災からちょうど半年が経ちました。
あらためて命を落とされた方々のご冥福を心よりお祈り致します。

想像を超える大変なことが起こり、何をしたらよいのかよく判らないまま、
自分にできることはなんだ?と考えた結果、とりあえず3日後の3/14に
JustGivingというネット・ファンドレイジングを使って、
SUPPORT JAPAN – Gambare という寄付サイトを立ち上げました。
その瞬間の想いは、コチラに記してあります。

その後、半年の間に、とにかく多くの海外の方から、チャリティ上映のオファーを
頂きましたが、正直なところ、その善意の深度は本当にバラバラで、誰かの役に
少しでも立てば、という思いが、何かをやればやるほど傷ついてしまう、
という現実に直面したこともありました。

被災して苦しんでいる人たちが本当に必要とされていることは何なのか?と
自問自答しながら、協力を申し出てくれる世界中の人たちの善意を
私が独断でジャッジしていかなければいけない事実に、
心が暗くなったこともありました。

以下に記すリストは、心から誠心誠意、日本のためを思って
いの一番に行動してくれた38名の方たちです。
当初の目標額の201%もの高額が集まりました。
ご支援いただいた金額は、すべてCIVIC FORCEという民間の
災害即応チームへ寄付させていただきました。
(なぜCIVIC FORCEなのか?は当時コチラに記しました)

いままで私が映画のお仕事で関わらせていただいた皆さんからの
温かいご協力に、感謝の言葉もありません。

特に海外から大きなエールを送ってくれたのは、
普段から「日本映画が大好き!」と言ってくれていた日本映画ファンたちです。
心の底から嬉しく思います。

災害当初は、このJustGivingで通常かかる手数料15%は
JustGiving社が負担するということでしたので、みなさんからお預かりした金額の
100%が支援先に行くことも、このプラットフォームを選んだ大きな理由でしたが、
少し落ち着いた今では、15%の手数料がかかるようにシステムが戻っています。

まだしばらくはこのサイトでの募金は続けていこうと考えていますが、
災害当初の「まず救済」から「復興へ向けて心の支援」でできることへ、
支援の内容も徐々にシフトしていきたいと考えています。
それが、半年経った今の気持ちです。

MoMOという移動映画館が登場し、第一弾として東北で野外上映をやると聞きました。
やりたいと思っていても、金銭的な手はずが着かないと中途半端なイベントで
終わってしまい、それが本当に被災地の方々の希望することなのかどうかが
判らないまま、指をくわえていたのですが、このプロジェクトはそれを叶えて
くれそうです。応援したいと思います。

また、友人の映画監督Stu Levy が、直後から被災地へ赴き、世界へ発信しようと
Pray For Japanというドキュメンタリーを制作しています。応援したいと思います。
残された人たちが、次の時代を創っていく、そのときに、
映画の出番が来ると信じているからです。

それから、大事なこと。

正直なところ、当時希望を抱いていたほどには、
結局<日本はひとつにまとまれなかった>のではないかとも感じています。

その理由はなんだろう?
その原因はなんだろう?
自分はどうしたらいいだろう?

ずっと考えてきた6ヶ月でした。

この問いに対して私の中に芽生えた答えを、
尊い命を落とされた方々へのレクイエムとして捧げ、
そして希望のある明日を創っていくことに
ちゃんと自分が責任を持つことをお約束したいと思います。

2時46分。
私は新しい企画の映画の脚本を読んでいました。

キレイすぎる話かもしれないのですが、ちょうどその時読んでいたページは、
いろいろあった登場人物たちをすべて笑顔にしてしまう
男の赤ちゃんの出産シーンでした。
これが偶然なのか、必然なのか、
これからの人生で、もっともっと感じていきたいと思います。

ピクチャーズデプトの募金活動に快くご協力いただきましたみなさま、
本当にありがとうございました。2011.9.11 15.03 


寄付総額:1,000,500円 目標達成率 201% 

【ご協力者のみなさま】JustGiving ピクチャーズデプトチャレンジサイト

釜山映画祭ディレクター(韓国)                 キム・ジソクさん

JapanglishUK                                       アンドリュー・カークハムさん

映画監督                                                    谷口正晃さん

NYアジア映画祭ディレクター(米)              マーク・ウォルコウさん

字幕翻訳家                                                 ドン・ブラウンさん

博報堂キャスティング局                               佐藤三千代さん

映画監督                                                    園子温さん

俳優                                                          坂口拓さん

アミューズ映画プロデューサー                      青木基晃さん

日活スシタイフーンプロデューサー                千葉善紀さん

映画監督                                                    三木聡さん

J-Film Pow Wow(カナダ)                         『全然大丈夫』チャリティ上映

Nippon Connection(ドイツ)                      『全然大丈夫』チャリティ上映

映画サイト制作ディレクター                         長野幸一さん

North West Film Forum(米シアトル)         『全然大丈夫』チャリティ上映

Rob Bucher (米フィラデルフィア)             『サイタマノラッパー』チャリティ上映

Udine Far East Film Festival                         チャリティバッグの売上全額

Japanese Canadian Culture Center(カナダ)『時をかける少女』チャリティ上映

 

NOMIKAI311=27名の参加者の皆さん/Poyopoyoさん/Avantiさん/

amichanさん/Yoshiyukiさん/Kayoeyukosさん/こんまめさん/Buaさん

Senooさん/ともみさん/rakko-chanさん/kyokyoさん/hanglu0226さん

natsuさん/たこぼうさん/otamastarさん


THANK YOU FOR YOUR LOVE AND LET'S HOPE FOR THE FUTRE.

Read more...
2011
05
24

【Cannes 2011】05/23のツイートまとめ

pictures_dept

私の実況中継はフラ語がわからないため、正確確実かどうか怪しいので、こちらのオフィシャル受賞リストをご参照ください http://ow.ly/i/bVr0
05-23 05:46

田場サ恵美『ふたつのウーテル』チームのみなさん、初カンヌ、おつかれさまでした。受賞を逃してザンネンでしたが、この熱気の体験を、ぜひ明日の糧にしてください!それにしても、一番ハテナな作品だよね、と話していた作品が短編パルムドールでしたね。世の中は何が起こるか判りませんね!
05-23 05:19

リッチで話題のアブダビ映画祭がテンポラリースタッフを募集中です。2週間~3ヶ月、アブダビ映画祭のスタッフとして働いてくれる、イベント関連の経験者。ただし…UAEのワーキングビザを持ってる人のみ。(ここがハードル高いですよね) http://ow.ly/50hTo
05-23 05:10

さてカンヌ監督週間でも大好評だった園子温監督『恋の罪」ですが、日本での公開は11月を予定しているそうです。弊社は海外映画祭&海外配給のみを担当しておりますので、あとは配給元の日活さんにパスっ!です。日本のみなさん、お楽しみに!
05-23 04:58

いや~、トリアーの『Melancholia』は、マリックの『Tree Of Life』と二本立てで見たら、面白いよなー。
05-23 04:53

彼女は一連のトリアー事件を背負っている責任感からかスピーチではものすごく震えてまして、好感度大!でした。が、ホッとして忘れちゃったのかな? @movieguytex: キルスティン・ダンストか? http://t.co/hkmhF7H
05-23 04:52

ハハハ。どなたか、カンヌの賞状をうっかりお忘れです。 http://t.co/hkmhF7H @onthecroisette
05-23 04:38

さっきメイン会場のトイレに入ったら「iPhoneをなくしました。2週間分のインタビューの録音が全部入ってます。なんとかして見つけないとまずいです。連絡先はXXX」という悲鳴のような張り紙があった。プレスの人だとしたた今ごろ、いっそ死んでしまいたい気持ちになっていることでしょう。
05-23 04:31

さすがに疲れました。2週間一日も欠かさずにライブとDJで夜中の3時までガンガンで完全に寝不足ですが、今日は初めて静かな夜です。明日は早朝出発なのでおもわず寝坊しそう。。日本人にはお風呂が必要だな、と思います。電話ボックスみたいなシャワーだけでは乳酸が抜けません!温泉大国日本万歳!
05-23 04:22

しかし、こんなに忙しいのに、プレスでもないのに、いっぱいツイートしたなぁ、と振り返り、なんでかなぁ?と思うと、やっぱり、「面白い映画を、映画館で、たくさん見たいから」、というシンプルな理由に行き着いた。ので、ワインを飲んでいます(笑)
05-23 04:14

Read more...
2011
05
23

05/22のツイートまとめ

pictures_dept

ショートフィルムコンペ作全9本イッキ見。やはりショートがビジネスになっている国の作品が強い。だって、35mmコダック、Fuji FIlmあたりまえで、ほとんどがDolby Digitalだもの。日本のは学生の自主なのでプロダクションクオリティでは完敗。田﨑監督の技量は負けてない。
05-22 00:17

これは明日を夢見る若い制作者たちの問題ではなく、日本の映画産業が次の世代をどう育てるか?という哲学の問題。夢がない業界には、優秀な人材は流れてこない。各国のフィルムコミッションや政府のバックアップの規模が格段に違う。日本の経産省、文化庁はなんとかしなくていいものなのか?
05-22 00:19

写真は、カンヌのマーケットに出展される各国のパビリオン。その国の支援金情報や撮影支援、共同製作の相談窓口となっている。映画世界市場かろうじてまだ第2位の日本は、今年から「ジャパンパビリオン」の出展を撤退。国の予算がつかなかったから。 http://ow.ly/i/bS9h
05-22 00:25

というわけで、田﨑恵美さんの『ふたつのウーテル』は、ヨーロッパ色の強いラインナップの中、やはりアメリカンテイストなので、目立ってたと思います。プロが審査するので、予算の大小などが基準になるはずもなく、彼女の将来のポテンシャル、という意味では、十分に、もしかしたら、もしかするかも。
05-22 00:26

しかし、強国オーストラリアの『BEAR』は、強敵でしたな~。政府のあらゆる支援金がサポートして、海外セールスエージェントまでついてましたものねぇぇ。韓国の『GHOST』はさすが、映像の力とサウンドデザインが強烈で驚きました。ドラマ力ではノルウェーの『COLD』だなぁ。。。
05-22 00:30

監督の演出力としては、仏の『It's Nothing』。田﨑さんのは、構図とさらりとした空気感がいいですね。”フェアリー”田﨑のユニークな「世界観」がしっかりと出てました。これ大事「監督だけの世界観」。
05-22 00:31

普段はなるべく批判的ではありたくない私ですが、カンヌでの一連の動きを見ていて、日本の映画産業の国の施策は、完全に失敗しています。なんとかしたいと思うけれど、批判的なのがバレているせいか、絶対に私のところにはヒアリングに来ないからな~。耳が痛いところにフタをするのは日本の特技。
05-22 00:34

そもそも9本の紹介を見てもらえれば判るように、日本の作品は紹介文が長過ぎるのです。映画のピッチの基本のき、からして出遅れている。たった15分の作品でこんなに長いシノプシスは不要。ということをどうしてこの若いチームに教えてあげられなかったのかな?http://ow.ly/4ZQxk
05-22 00:38

田﨑さんの作品の制作支援をし、そして今回の渡航を全面的に面倒みているユニジャパンは、映画のピッチのセミナーなんかを開催している張本人ではないですか?組織内のコンセンサスがとれてなさすぎなのでは?せめて、プロに頼めばよかったのに。もったいない。田﨑さんが才能あると思うだけに。
05-22 00:40

こんなことを言えば、もう私の会社には支援してもらえなくなるリスクはあるけれど、旧態依然の保守には、やっぱり声をあげていかないとダメダメ~!というのは、今朝のコンペ作中東が舞台の『おんなの源』(The Source Of Women)のテーマとも重なります(笑)
05-22 00:43

Read more...

profile

yuko shiomaki

Author:yuko shiomaki
pictures dept. co.,ltd.
(株)ピクチャーズデプト

映画の…
 海外セールス
 映画祭プロモーション
 配給・宣伝
 字幕製作、翻訳・通訳
 などなど
 映画にまつわる
 global solution

search

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。